1. HOME
  2. ブログ
  3. サポート
  4. 会社の鍵を失くしてしまった場合の対処法

support

サポート

サポート

会社の鍵を失くしてしまった場合の対処法

会社の鍵を失くしてしまった場合の対処法

会社の鍵を失くしてしまった場合、その時どう行動すべきか?「クビになる?」「減給になる?」「賠償させられる?」と思うかもしれませんが、心配ありません。
鍵を失くしたくらいではそこまで重くは責任を問われません、誰しもが一度くらいは失敗はあります。問題はそのあとの行動にあります。
信頼回復のためにやるべきことと対策を解説します。

勤務先や会社の上司などに連絡する

失くしてしまったと思ったらまずは、何よりも先に上司に相談しましょう。 「怒られてしまう」と思って意外と連絡しないで探す人がいますが、探している間にも時間が経過してしまいます。まずは連絡して、「これから鍵を失くしたので探しますと」連絡を入れておくことが重要です。 場合によっては同僚などが鍵を探すのを手伝ってくれるかもしれませんし、黙って鍵を探していると反対に仕事をしていないと思われてしまうかもしれません。 鍵は会社にとっては重要な資産ですので、紛失したときも重要な業務です。

探しても見つからない場合

警察に遺失物届

探しても見つからない場合は、まず警察へ遺失物の届け出をしましょう。
親切な人が届けてくれている可能性もあるので、最寄りの交番などで遺失物届をだしてください。
遺失物届を提出する際は鍵の詳細な情報や、付属のキーホルダーなどの情報などできる限り詳細に伝えるようにしましょう。

落ち込む人のシルエット

テナントビルの場合は管理会社へ連絡

テナントビルの場合には必ず管理会社へ連絡する事を忘れないようにしましょう。
慌てずに管理会社へ連絡して、状況を説明鍵を開けてもう必要がある場合には管理会社がマスターキーを持っている事もあります。
また、鍵の交換などが必要な場合には管理会社と相談する必要があるので、テナントビルの場合には管理会社に連絡を入れましょう。

鍵の交換費用は誰が負担する?

鍵を紛失した場合には、防犯面を考えると鍵を交換する必要がありますが、その費用は誰を会社から従業員へ請求されるという事は紛失の経緯などにもよりますが、基本的には会社が負担する事になります。
従業員が故意による不法行為で会社に損害を与えた場合でない限りは会社から賠償請求される心配はありません。
会社として盗難や不法侵入、機密情報の漏えいなど鍵を紛失したまま放置すると二次被害が発生する危険性があるので、例えロッカーの鍵や書庫の鍵でも、鍵を紛失したらするに対応しましょう。

鍵の紛失を放置されない為に鍵管理システムはお勧めです。

鍵管理システムとはTrakaキーキャビネット

鍵管理システムは鍵の使用状況のすべてのログを保存します。
鍵の紛失を従業員が隠してそのまま放置され、二次被害にあわない為にも鍵の管理システムは役立ちます。

鍵管理装置一覧

関連記事