1. HOME
  2. ブログ
  3. サポート
  4. USBメモリーのリスクと管理の必要性

support

サポート

サポート

USBメモリーのリスクと管理の必要性

USBメモリ

USBメモリーは小さいサイズで大容量、パソコンに差し込むだけで読み取り、書き込みができるので大変便利です。
持ち運び用として利用したり、バックアップ用として利用したりと、仕事上利便性が高く多くの人が利用しています。
その反面、USBメモリーが起因する紛失・盗難・ウイルス感染などの事故は多くなり、企業の社会的責任は損害賠償に発展するケースもあります。

USBメモリーのリスクとは

ウイルス感染と感染拡大のリスク

コンピューターウイルスは「ワーム」や「トロイの木馬」のように知らない間に次々とパソコンからパソコンに感染を拡大させていくウイルスがあります。
USBメモリーと通して知らない間にウイルスに感染して、さらにそのウイルスがUSBメモリーを通して社内や取引先などに感染が拡大する危険性があります。

ウイルス感染と感染拡大のリスク

紛失・盗難のリスク

USBメモリーは持ち運びに便利で一度に大容量のデータを持ち運びできます。
その為、紛失・盗難などが発生した場合には大量のデータが漏えいする危険性があり、USBメモリーが原因での情報漏洩は未然に回避する必要があります。

故障やパスワード忘れによるデータの損失

USBメモリーは意外と壊れやすいものです、故障によるデータ損失はよくある事ですが、意外と多いのがパスワード忘れによるデータの損失です。
USBメモリーにパスワードをかけておくことで紛失や盗難によるデータの漏えいは防止できますが、そのパスワードがわからなくなってしまい開ける事ができなくなるケースもあります。

管理の必要性

USBメモリーの管理は様々なリスクを事前に防止し万が一被害が発生した場合でも、被害の状況や被害の拡大防止などの面から考えて、日ごろから管理する事が重要です。
USBメモリーがウイルスに感染していた場合、「いつどこで感染したのか?」「感染後誰が使用したのか?」これらの情報がわからないと被害の状況を把握しきれなくなります。
紛失や盗難の被害にあった場合には、最後に使用した人がわからないと「内部に保存されていたデータは何なのか?」を確認する事もできません。
故障やパスワード忘れによるデータの損失も同じで、直前に使用した人が誰かわからないと内部に保存されていたデータがないのデータなのかを確認する事ができなくなります。
その為、USBメモリーは「いつ」「誰が」「どのUSBを」「なんの目的で」「持出・返却」したのかを把握できるように管理する必要があります。

USBメモリーの管理にも使えるキーキャビネット

Traka Touchスマートキーキャビネットは、USBメモリーの管理にも利用されています。
鍵管理装置でUSBメモリーの管理をするのは、非常に合理的でかつ効率的な手段と言えます。

鍵管理装置でUSBメモリーを管理するメリット

「いつ」「誰が」「どのUSBを」「なんの目的で」「持出・返却」したのかをすべて自動的に記録してくれます。
また、USBメモリーの持ち帰り防止の為、返却時間の設定なども可能です。

鍵管理装置一覧

関連記事