1. HOME
  2. ブログ
  3. 機能説明
  4. アルコール検知器機能

support

サポート

機能説明

アルコール検知器機能

鍵管理装置アルコール検知機能

アルコール検知器機能とは

Trakaのスマートキーキャビネットやスマートロッカーにはアルコール検知器と接続する機能があります。
アルコール検知器と接続する機能は酒気帯びで車両や劇毒物、危険な機器などを扱う事を予防することができる機能です。

アルコール検知器機能の特徴

欧州市場トップシェアで日本でも実績のあるアルコール検知器Dräger Interlock 7500とシステムインテグレーションを行っており、ユーザーはまず呼気検査に合格しないとTraka Touchシステムから鍵や機器を取り出すことができなくなります。 アルコールチェック義務化のプロセスをこのシステムで、呼気チェックと鍵の受渡の両方が制御されます。

ユーザーがアルコール呼気検査に合格するまでTraka Touch システムはロックダウン状態で、検査に合格するとロックダウンが解除され、ユーザーは登録した認証情報 (カード、生体認証、またはキーパッド IDから選択) でTraka Touch キャビネットにアクセスし、割り当てられたキーを取出し、 返却することができます。

アルコールテスト前
アルコール検知器ドレーゲル

アルコール検知器機能のメリット

飲酒運転を確実に防止

Interlock 7500は、公共交通機関や貨物輸送をはじめとする職業ドライバーの飲酒運転リスクを予防・低減するためのアルコール検知システムです。
また、Interlock 7500は、多くの国において飲酒運転に対する法的措置である「飲酒運転違反者プログラム(DUI/DWI)」の一環としても使用されています。これらのプログラムでは、信頼性の高い検査結果、データ管理機能、不正を防止するデータ記録システムが非常に重要となります。
Interlock 7500は2つのパーツ、ハンドセットとコントロールボックスで構成されています。 ハンドセット内で呼気サンプルの測定が行われ、規定以下のアルコール濃度であれば、コントロールボックスでTrakaシステムの制御が解除されます。
呼気検査で設定値を超えるアルコール濃度が検出された場合は、Traka鍵管理の始動がロックされます。キーキャビネットは施錠されたままで鍵が取り出せないので、 飲酒運転を防止し、アルコールに関連する事故のリスクを軽減することができます。

車両管理アプリケーションで全体を可視化

Traka の車両管理機能 (燃料、距離、位置、不具合ログ) を活用すると、車両管理をシームレスに 制御、監視、管理できます。これらの機能をアルコール検知ソリューションと組み合わせることで、現場の全体像を把握し、車両と機器の使用をより適切に行うことができます。

関連記事