1. HOME
  2. ブログ
  3. サポート
  4. 鍵管理装置・鍵管理機とは

support

サポート

サポート

鍵管理装置・鍵管理機とは

鍵管理装置・鍵管理機

企業や官公庁など、あらゆる組織では必ず鍵を保有しています。鍵は大切な資産を守るためのアイテムのため鍵の管理は組織にとっては重要な業務の一つになります。
また、管理する鍵は倉庫、キャビネット、ロッカー、サーバーラック、車両、重機、事務所、メンテナンスボックス、車庫、不動産、シャッターなど多岐にわたります。
鍵管理装置・鍵管理機はこれらの膨大な数の鍵を「誰が」「いつ」「何を」「取得・返却」の履歴を管理する装置です。

鍵管理装置・鍵管理機の特長

管理の厳正化

鍵管理機・鍵管理装置は、自動で鍵の「誰が」「いつ」「何を」「取得・返却」したのか履歴を記録し、紛失などのトラブルが発生した場合に、最後に使用した責任者を明確化する事ができるます。
手書きの管理簿と違い、その記録は正確で厳正な物になります。

管理の簡略化

鍵管理機・鍵管理装置では、鍵の受け渡しを自動化する事ができるので、管理者と直接やり取りする必要がなくなります。
組織にとって重要な資産である鍵を無人・非接触で受渡でき、管理簿の必要もなくなります。

大量に保管された鍵

鍵管理装置・鍵管理機と鍵管理システムの違い

鍵管理装置・鍵管理機と鍵管理機システムはほぼ同じ意味で使われていますが、実はその管理機能に大きな違いがあります。
鍵管理装置・鍵管理機はにもいろいろな機能が備わっていますが、基本的に「誰が」「いつ」「何を」を管理する装置です。
鍵管理システムは上記機能の他に、ユーザーの「使用権限」「使用時間制限」や、鍵の使用する「理由ログ」「承認機能」、返却した時の「承認機能」「燃料残量記録機能」「駐車位置記録機能」「不具合報告機能」など、鍵の種類に応じて必要な様々な機能をシステムで管理する事ができます。
鍵管理システムは鍵管理装置・鍵管理機と比較してより多くの機能が備わっており、管理だけでなく利便性の向上にも役立ちます。

鍵管理装置・鍵管理機のデメリット

装置毎に管理する必要がある

組織内で複数の鍵管理装置・鍵管理機を導入している場合には、それぞれの装置毎でユーザー登録をする必要があり、管理もそれぞれの装置毎で管理する必要があります。
これは、何度も同じユーザー登録や変更の作業を繰り返し行うことになり、管理も煩雑になります。

試乗車鍵管理システム

遠隔地からの管理ができない

鍵管理装置・鍵管理機は、スタンドアローンの為離れた遠隔地からの管理ができません。
使用履歴など確認する為にも現地での確認をする必要があります。

Trakaスマートキーキャビネットの場合

鍵管理装置・鍵管理機としてスタンドアローンで利用

Trakaスマートキーキャビネットは鍵管理装置・鍵管理機として利用する場合はスタンドアローンで利用できます。
また、組織の成長に合わせてTrakaWEBを後からでも導入する事で、鍵管理装置・鍵管理機を鍵管理システムにする事ができます。

Traka管理システムTrakaWEB

関連記事