1. HOME
  2. ブログ
  3. サポート
  4. キーボックスとは

support

サポート

サポート

キーボックスとは

キーボックスとは一般的に広く使われている意味として説明すると、「暗証番号」で開けるダイヤル式、ボタン式の鍵を保管する箱(ボックス)です。
主に不動産の内覧や工事関係、民泊施設の場合に使われる事が多いですが、キーボックスをドアノブや近くの手すり、ガス配管などに取り付けておき、暗証番号を伝えて鍵の受け渡しをする為に使われています。

キーボックスの特長

キーボックスはまず、価格が安価で、数千円で買えるものです。また、使い方もダイヤルかボタンですので誰でもすぐにわかる使いやすさがあります。
このようにキーボックスを使えば対面しなくても、暗証番号を伝えるだけで、簡単に鍵の受け渡しをする事ができるのが魅力的なメリットになります。

しかし、セキュリティリスクのデメリットが意外ので下記で説明します。

キーボックスのセキュリティ面のデメリット

誰がいつ使ったかわからない

暗証番号さえ知っていたら、いつでも誰でも鍵を取得する事ができる為、不正に使われていても気が付くことはほとんどありません。
その為、定期的に暗証番号を変更する必要があります。
特に不動産の案内や民泊の為にキーボックスを利用する場合には利用した都度変えるくらい変更頻度が必要です。

アイテム登録

暗証番号変更には現地に行く必要がある。

不正を防止する為には、暗証番号の定期的な変更が必要ですが、直接現地に行って変更する必要があります。

暗証番号がわからなくなる。

定期的な暗証番号の変更はセキュリティ面では有効ですが、変更した暗証番号がわからなくなってしまった場合、キーボックスを破壊する以外取り出す手段がありません。

返却忘れ

キーボックスを使って鍵の受け渡しをしていると、返却を忘れてしまいそのまま持ち帰ってしまうケースがあります。
返却忘れに気づくのは次に使うときですので、数日たってから気が付くなんてこともありえます。

このようにキーボックスを利用しているとセキュリティ面のデメリットがあります。しかしながら安価で簡単に利用できて便利なのも事実です。
メリットとデメリットを考えて、リスクを許容できる範囲で利用する必要があります。

関連記事