1. HOME
  2. ニュース
  3. 鍵管理システム、ロッカー管理システムを利用したあらゆる組織に対応する重要資産管理ソリューションの事業を開始

NEWS

お知らせ

鍵管理システム、ロッカー管理システムを利用したあらゆる組織に対応する重要資産管理ソリューションの事業を開始

企業のネットワーク構築や保守をする株式会社トータルリンク(本社:兵庫県神戸市)は、ASSA ABLOY グローバルソリューションズのグループ企業であるTrakaとパートナー契約を締結しました。
Trakaは、1995年に設立された世界初の電子鍵管理システムのメーカーです。
現在、重要な資産へのアクセスを管理及び制御する洗練されたインテリジェントな鍵管理およびロッカー管理ソリューションを実現、革新的テクノロジーの世界的リーダーです。

2012年に、Trakaは扉開閉ソリューションの世界的リーダーであるASSA ABLOYグループの傘下になりました。
この提携により、新たなイノベーション、市場、成長の機会への道が開かれ、Trakaは世界の大手企業にソリューションを提供することができるようになりました。
Trakaは世界中にあるパートナー企業によって世界中で広く利用されています。
今後、株式会社トータルリンクは、日本のTraka正規パートナーとして、安心、安全な重要資産管理ソリューションとして、防衛装備品管理ソリューションや車両管理ソリューションなど、企業や官公庁向けにTraka鍵管理システムやTrakaロッカーと弊社が得意とするネットワークソリュションを組み合わせてご提供する予定です。

 あらゆるビジネスに対応できるTrakaソリューション

どのビジネスにも、成功に欠かせない重要な鍵や資産がありますが、Trakaはそれらすべてを管理することができます。
世界の大企業の多くが、既存のシステムにインテグレーションしやすいという理由で、Trakaシステムが選ばれています。そしてTrakaの重要資産管理システムは、企業の効率性アップ、プロセスの合理化、コスト軽減のための重要なツールとして評価されています。
株式会社トータルリンクはお客様の大切な資産を簡単に管理する為のツールとしてTrakaの重要資産管理ソリューションを日本全国に提供します。
鍵管理ソリューション
Trakaキーキャビネットでの管理は、ドアの解錠や車の発進のための鍵の保管庫であるだけでなく、日々の業務に影響を与える道具となります。 Trakaキーシステムは、柔軟性、拡張性、カスタマイズオプションを備えており、あらゆる組織にメリットをもたらします。
なぜインテリジェントな鍵管理と呼ぶのか?
• 許可されたユーザーのみが特定の鍵を使用できる
• 誰がどの鍵を持ち出したか、いつ持ち出したか、返却したかの正確な監査証跡ができる
• 鍵を探すために無駄になるダウンタイムの削減ができる
• 出庫した鍵についてスタッフが説明責任を果たすことができる
• 時間制限機能で、鍵が引き渡し前に確実に在庫しているようにできる
• 鍵の紛失や盗難による鍵の交換費用を削減できる
• 鍵の紛失を防ぐことで、安全・安心なプロセスを実現できる
• 共有デバイスの管理強化による業務効率が改善できる

鍵管理システム/スマートキーキャビネットのラインナップ

機器管理ソリューション
Trakaのインテリジェントロッカーソリューションは、独自のRFID技術、充電機能、安全なストレージを提供し、各デバイスが所定の位置に格納され、充電され、必要なときに使用できるようにします。
機器へのアクセスと使用状況を管理するための効果的な方法を提供します。また、ユーザーのアカウンタビリティを大幅に向上させ、ビジネスの運用コストを軽減します。
インテリジェントロッカーでは、ノートパソコン、携帯電話、無線機、タブレットなどの情報通信機器やテーザーガン、拳銃、ライフル、身体装着型カメラなどの防衛装備品、薬剤、医療機器などのヘルスケア用品など様々な重要資産を管理する事ができます。

貴重品管理システム/スマートロッカーのラインナップ

管理アプリケーションTrakaWEB

TrakaWEBは、Traka Touchの鍵とロッカーシステムをウェブブラウザー上で一元管理するウェブベースの管理ソフトウェアです。 TrakaWEBは鍵や重要物の数に無制限で対応します。
TrakaWEBの特長
・アラームリレー機能
Trakaのキャビネットは、iFobを特定のアラーム出力にリンクするよう設定することができます。そのため、建物が脅威にさらされている場合、警察に通報したり、特定の鍵をシステムから外したときにアラームが鳴るようにすることができます。
・時間制限設定
時間制限を設定することで、特定の時間までに、または割り当てられた期間までに、保管物の返却を強制することができます。 時間制限を設定することで、時間内に返却されなかった場合に通知を受け取ることができます。
・メール通知
時間を超過した保管物やキャビネットの扉が開いたままになっているなど、お知らせ機能を設定しておけば、それが生じた場合に管理者やマネージャーがお知らせ通知を受け取る設定ができます。
・不具合ログ
不具合ログは、車両や機器などのアイテムに対する問題や不具合を記録することができます。 システムが自動的に担当管理者に通知し、必要な修理が行われるまでそのアイテムや鍵へのアクセスを制限します。
・不具合品の交換
有効なユーザーが空のロッカーに不具合品を預け、システムから代替品を入手することができます。
・車両管理
燃料、距離、位置情報をキャビネットで直接記録し、TrakaWEBで報告することで、各車両がいつメンテナンスサービスを必要としているかを正確に把握することができます。
・複数認証
ユーザーが特定の重要物を取り出そうとする場合、ユーザーだけでなく管理者の認証も必要となり、さらにセキュリティレベルが上がります。
・RRMS
RRMS(Random return to multiple systems)は、ネットワーク上のどのTrakaの鍵管理システムにも、同じ場所にあるか違う場所にあるかに関わらず、任意の鍵を返却することができます。
・RTUS
リアルタイム・アップデート・サービス(RTUS)は、Traka Touchシステムからインテグレーションエンジン、外部の入退制御アプリケーションへリアルタイムの状況を提供します。

最新記事