1. HOME
  2. 製品
  3. ロッカー管理システム
  4. ロッカー管理システム概要
  5. RFIDオプション

ロッカー管理システム

スマートロッカー

ロッカー管理システム概要

RFIDオプション

RFIDが資産を識別して、在庫を確実に管理

RFIDは電波でIDを読み取る技術で、電波が届くエリアであればIDを識別する事ができ、複数のアイテムを一度に識別する事ができます。
アパレル業界や物流業界など様々な場所で使われるようになってきており、バーコードやQRコードでの管理と比べIDの識別が簡単でスピーディーに行う事ができます。

RFIDタグを貼り付けてロッカー管理システムに格納

通常のロッカー管理システムでは、扉の開け閉めの履歴について確認できますが、機器の在庫状態については確認する事ができません。 RFIDオプションは、ロッカー内部を電波で常に監視しRFIDを読取、機器や貴重品が在庫されているかを管理します。

全ての機器や貴重品には固有のIDを付与して、入れ替わり防止にも役立ちます。

RFIDオプションの役立つアイテム

RFIDオプションはこんなアイテムの管理に役立ちます。

  • 拳銃、自動小銃、猟銃などの銃火器
  • タブレットやラップトップなどの情報端末
  • 無線機やスマートフォン
  • 医療機器や規制薬物
  • 測量機器や計測装置
  • 個人情報や図面などの機密文書
拳銃格納庫在庫管理システム
RFIDとは

管理資産に合わせて選べるRFIDシール

管理したい重要資産に合わせてシールの色や大きさを選択、機器の内部へ埋込する場合にはガラス封印タグも選択可能です。

ガラス封印タグは金属、プラスチック、木、紙、そして水など、事実上どんなものにも使用する事ができます。