1. HOME
  2. ブログ
  3. サポート
  4. ランダムリターン(RRMS)の機能とは

support

サポート

サポート

ランダムリターン(RRMS)の機能とは

ランダムリターン

TrakaWEBの機能【ランダムリターン(RRMS)】とは

TrakaWEBではカスタムオプションとしてランダムリターン(RRMS)の機能があります。
この機能は複数の鍵管理システムやシステム管理ロッカーで管理する場合に、違うシステムに格納できる機能です。
例えば、レンタカーで利用する場合、A店舗で借りたレンタカーの鍵をB店舗に返却するした場合、B店舗のシステムに格納して管理する事ができます。

ランダムリターン(RRMS)の特長

アイテムを一意の独自IDで管理

Traka鍵管理システムはiFobが電子IDチップ内蔵になっている事でどこのシステムに移動してもアイテムを管理できます。
ロッカー管理システムの場合独自RFIDを備えたロッカーで、アイテムに張り付けたRFIDを識別する事がでアイテムを管理できます。

鍵管理システムのiFob

ウェブブラウザーでアイテムの場所を検索

TrakaWEBを使ってアイテムがどこのシステムに格納されているか簡単に検索する事ができます。
TrakaWEBは組織のネットワーク内であればすべてのシステムを管理する事ができ、すべてのシステムからアイテムを検索して、どこのシステムに格納されているかがわかります。

trakaweb

ランダムリターン(RRMS)のメリット

  1. 業務の効率化
  2. 大規模な組織でも対応可能
  3. 管理の効率化
  4. 移動時間の削減
  5. サービス向上
  6. 資産の回転率向上

などのメリットがあげられます。

管理システムの機能についてメリットの紹介する女性

関連記事