1. HOME
  2. ソリューション
  3. ロッカー管理ソリューション
  4. 防災備蓄品管理ソリューション

Solutions

ソリューション

災害備蓄品をチェックする
ロッカー管理ソリューション

防災備蓄品管理ソリューション

防災備蓄品の管理でこんなお困りごとありませんか?

・平常時は施錠管理したいが、緊急時に鍵を受け渡す方法が心配。
・中に何が入っているか分からない。
・賞味期限切れなど定期的な管理が大変。
・保管場所が1カ所だと出入りできないくな可能性が心配。
・パブリックスペースに保管すると盗難の心配がある。
・ポータブル蓄電池などは充電しながら保管したい。

防災備蓄品は企業や官公庁にとって、必ず必要なものですが、普段使う事がないものの為、管理が不十分で知らない間に数が減っていたり、ロッカーの中に何が入っているか分からなくなってしまったり、賞味期限を確認する為に何度も在庫確認をしたり、エクセルで管理していても、管理したエクセルがどこに保存されているかわからなくなってり、様々な問題があります。
また、施錠していないロッカーは防犯面から考えると非常に危険です。避難所などパブリックなスペースに防災備蓄倉庫を設置する場合には施錠は必要だが、災害時にすぐに解錠できないといったトラブルも考えられます。

Trakaカスタマイズ大型ロッカーやモジュラー型ロッカーなら、保管したいものに合わせてサイズを設計、専用管理システムで保管した備蓄品の情報を遠隔管理、災害時に遠隔リリースができます。
また、電源オプションで充電しながら保管も可能、セキュリティ上のメリットだけでなく、管理面のメリット、災害時の迅速対応のメリットなどがあります。

メリット / merit

アイテム登録で情報の可視化

TrakaWEBでのアイテム管理は、単純にロッカーの情報だけを管理するだけでなく、全部で10項目の管理したい情報を登録する事ができます。
例えば、保管している物、数量、賞味期限(使用期限)など任意で設定した管理項目を作成する事ができます。

trakaweb

充電しながら保管

Trakaスマートロッカーの電源オプションで、蓄電池、ラジオ、トランシーバー、情報端末などを充電しながら安全に保管できます。
この機能によって、いざという時にバッテリーが満充電された状態で取り出す事ができます。

充電しながら保管

内蔵バッテリーで停電対応

「Traka Touchシリーズ」は内蔵バッテリーによって、停電時でも利用できます。

停電でも安心バッテリー搭載

事前PINコード設定と遠隔リリース

緊急時必要な時には、管理者側で遠隔リリースする事ができます。  しかしながら大規模災害ではネットワークも遮断されてしまう可能性もある為、事前にPINコードを設定エリアメールなどで近隣住民に知らせることができれば、誰でも備蓄品を取得する事ができます。  PINコードはTrakaWEBから簡単に変更可能、ネットワーク復旧後に新しいPINコードを設定すれば1度通知したPINコードから変更できます。

関連アイテム

ロッカー管理システム大型カスタムロッカー
Trakaモジュールロッカー
trakaweb

ソリューション