1. HOME
  2. ブログ
  3. サポート
  4. FIFO機能(先入先出)とは

support

サポート

サポート

FIFO機能(先入先出)とは

FIFO 先入れ先出し機能

TrakaWEBの機能【FIFO機能(先入先出)】とは

FIFO(First In First Out)を表し、日本語では先入先出と訳されます。
TrakaWEBではカスタムオプションとしてFIFO機能(先入先出)があります。
この機能は最初に格納されたアイテム(格納時間が一番長い)から順番に貸出していく機能です。

この機能は充電を必要とする機器の管理に役立ちます。 警察では無線機やポータブルカメラ、消防では無線機やAEDのバッテリー、病院では電子カルテのタブレット、自動車ではEVやPHEV、建設会社では測量器、スーパーではハンディターミナル、大学や図書館では共有のラップトップパソコン、など様々な電子機器に使えます。

Trakaモジュールロッカー

FIFO機能(先入先出)の特長

Trakaのロッカーは充電しながら組織の資産を保管できますが、使用頻度が高いアイテムばかり使っていると、充電が不十分になってしまいます。
FIFO機能はこういった問題を解消する画期的な機能で、最初に格納された機器から順番に貸出する作業を自動化してくれます。

EV車両の充電イメージ

FIFO機能(先入先出)のメリット

  1. 業務の効率化
  2. 管理の効率化
  3. 使用頻度のバランス化

などのメリットがあげられます。

管理システムの機能についてメリットの紹介する女性

関連記事